院長あいさつ

院長写真

遠藤 周一郎

産婦人科専門医・医学博士



あいさつ

私は臨床研修医時代、緊急帝王切開によって母児ともに無事に助かったお産を目の当たりにした時に、産婦人科という分野に強い興味を覚え、2008年産婦人科の門を叩きました。当時は産科を巡る事故や訴訟により、産科医不足が社会的に大きな問題となっていた時代でもありましたが、現場で働く医師達は非常にアクティブでとてもやりがいのある職場でした。さらに大学院では、特に現在臨床的に明らかとなっていない男性不妊症について研究を行い、博士号を取得しました。医師となり約10年間、地域周産期母子医療センターかつ癌拠点病院である、順天堂大学附属浦安病院で臨床経験を積み、産科・婦人科・不妊治療、全ての分野に従事し、多くの事を学びました。今後この経験を、自分が育った町であるここ我孫子で、皆様に還元し有意義な情報を配信していきたいと考え、開業に至りました。大学病院に勤務していると、症状があるのに放置してしまったために癌が進行してしまった患者様や、妊娠中に様々なトラブルがおこってしまった妊婦さんなどを沢山経験してまいりました。その様な患者様を一人でも減らせるように力を尽くしますので、何か相談があれば是非来院して下さい。


経歴

1999年
東邦大学附属東邦高校卒業、同年順天堂大学医学部入学
2006年
順天堂大学医学部卒業、同年順天堂大学浦安病院にて初期臨床研修
2008年
順天堂大学 産婦人科学講座入局
2011年
順天堂大学大学院入学、受精着床をテーマに基礎研究を行う
2015年
同大学院卒業 研究テーマは、第67回日本産科婦人科学会・学術講演会にて、優秀演題賞を受賞
2016年
順天堂大学浦安病院 助教に就任
2017年
遠藤レディースクリニック開業

メディア活動

これまで様々なメディアを通じ、産婦人科に関連する疾患の基礎知識や、医学の最近の話題について、様々な情報を発信しております。

アメブロ:産婦人科医きゅーさんが本当に伝えたい事
大学院時代から続けているブログです。【きゅーさん】というH.Nで、産婦人科関連の解説や時事ネタについて、様々な記事を書いています。おかげさまでアメブロの公式トップブロガーの認定も頂きました。
サイト:本当に知ってほしい事
主に婦人科関係の解説サイトです。基礎体温の測り方や臨床で良く遭遇する婦人科疾患について、イラスト付きで解説しています。
書籍:きゅー先生の本当に伝えたいこと
2016年6月16日、KADOKAWAより出版。外来中にはなかなか聞けない様々な疑問を解決する事をコンセプトにわかりやすく解説しております。
Conobie(コノビー)ライター・コメンテーター
子育て支援サイトConobieで、ライター及び記事のコメンテーターを行っています
薬の窓口アドバイザー
様々な薬についての基礎知識を解説しています